HR consulting

VOICES

転職成功者の方々の、転職に至った経緯、体験談、喜びの声を掲載しております。

M

Mさん 30代前半歳

転職成功者インタビュー①

◎転職成功者インタビュー第一弾といたしまして、今回は銀座のオシャレな個室イタリアンで
ランチインタビューでした!

今回ご協力いただきましたのはMさんです

 

【Mさん】
年齢:30代前半
ステータス:独身
お住まい:都内在住
経歴:新卒から現在に至るまでアパレル一筋
   館(やかた)は百貨店、アウトレット、ショッピングモール、
   扱ったものもレディス、メンズ、宝飾、バッグ、洋服と幅広く
   経験豊富



【担当者】
HR consultingの役員秘書
新卒で日系航空会社に入社し10年以上国内外の便に乗務
出産・育児を経て、現在は地に足つけてお仕事しています





担当者:まず最初にヘッドハンティングの声がかかったシチュエーションは?

Mさん:電話ですね。店舗にお電話いただいて、話だけでもということだったのでお会いする約束をしました。

担当者:弊社にご来社いただいたんですね

Mさん:そうですね。

担当者:その時、転職について考えてらっしゃいましたか?

Mさん:いいえ、全く考えていませんでした(笑)

担当者:ヘッドハンティングの会社は国内外資問わず結構あると思いますが、こういったお  話は初めてでしたか?

Mさん:いいえ、何度かいただいたことがありました。

担当者:その際、会ってお話聞かれましたか?

Mさん:いいえ、会いませんでした。でも今回は御社よりきちっとした感じでお電話でお話をい
ただきましたので、会って話を伺ってみようかな、と。

担当者:ありがとうございます。初回面談を終えていかがでしたか?

Mさん:私自身、20代前半の時に御社の別の担当者の方からお話いただいていまして。

担当者:「またか」って感じですね笑

Mさん:笑  御社とご縁があるのかなと。

担当者:ありがとうございます。
     初回面談時にはいくつか案件を提示されましたか?

Mさん:いえ、今回は〇〇〇(大手アパレル企業)さんから逆指名だったようで。

担当者:なるほど。
    では〇〇〇さんのほうからMさんに「是非!」というお話だったのですね。

Mさん:はい、そういうお話だったようです。

担当者:Mさんは〇〇〇さんが欲しかった人材だったんですね。
    では今回は1社のみですね。

Mさん:そうですね、そして面接してもらいたいというお話をいただきまして。

担当者:面接で条件面など聞いてみて、転職を考えてもいいかな、という感じでしたでしょうかね。

Mさん:はい、現職が外資系だったので国内企業のお話を聞いてみたいなという思いもありま
した。自分の中では国内・外資の拘りはなかったので。

担当者:Mさんの現職は新卒からお勤めですか?

Mさん:いいえ、これもスカウトからの転職で。

担当者:なるほど。転職経験がおありですと流れも把握していますし気持ち的にも1歩前に足
を進めやすいですね。

Mさん:今回の転職は、面接というよりも面接官の方と雑談風でした笑
緊張して行ったので、こんな感じで大丈夫かなあというのもありました。

担当者:ではMさんに何か質問するという感じではなく、会社概要や条件面を説明すると
いったお話だったんですね?

Mさん:そうですね、新規事業のお話を伺ったり、早いタイミングで待遇面のお話もして
いだきました。 1時間半ほどお話して。

担当者:!!長かったんですね!

Mさん:そうですね笑 おしゃべりして帰った感じです。

担当者:では面接はその1回きりだったんですか?

Mさん:はい、そのあとすぐにHR consulting西宮さん(代表)のところに連絡が行って、
そのまま決まるという流れでした。

担当者:では初回面談から内定までかなりスピーディーですね。

Mさん:HRさん行って、日程もすぐ決めて、先方の会社に行かせていただいて、内定出る
まではすごく短かったと思います。

担当者:当時の職場には何か不満などありましたか?

Mさん:うーん、特にはないですかね笑

担当者:良くもなく悪くもなく?

Mさん:そうですね。ただなかなか人が定着しないというところはあったので、そこだけは
ちょっとどうなのかな、っていう気持ちはありましたけども。

担当者:20代前半の頃に弊社よりヘッドハンティングの声をかけさせていただいた時は、
あまり興味がなかったというか、転職のタイミングではなかったという感じでしたか?

Mさん:その時がはじめて店長に着任したばかりのタイミングだったので、お話聞くだけでも
良かったらということで、頂いた求人案件のブランドの人事の方と面談だけはさせて
いただいたんですが、やはり今は転職のタイミングではないのでということをお伝えし
ました。人事の方から名刺を頂いて、また何かありましたら連絡ください、というお話でした。

担当者:なるほどなるほど。
Mさんは今まで何度か転職されてきてらっしゃるとのことですが、弊社のような会社を利用するにあたってメリット、デメリットは感じられましたか?

Mさん:そうですね、お互い人間ですから担当していただく方(コンサルタント)にもよったりしま
すね。相性というか。登録型のスカウト会社も利用したことがあるんですが。

担当者:では今回スムーズに転職されたのはコンサルタントとの相性もありますでしょうか。

Mさん:はい、すごく丁寧にご対応いただいてスムーズに進みました。

担当者:ご自身で転職した場合、年収など条件面はまず交渉は難しいですしね。

Mさん:はい、ですので今回はすごく良いお話を頂けたと思っております。

担当者:では逆にデメリットはありましたか?正直ベースで。

Mさん:いえ、HRさんに関してはご丁寧に対応いただきましたので特にないですね。

担当者:今回転職して良かった点はありますか?

Mさん:今後の自分のキャリア設計を国内ブランドだからこそできるところがあるのかなと思っ
ています。

担当者:実際は何がお好きですか?服なのか、革製品なのか。

Mさん:販売するものに関しては「これじゃないと」というのはなくて、それぞれのブランドでお客
様いらっしゃいますし、単価も全然違うので、そこで自分がお客様つくって、私から接客
を受けて良かったなと思っていただくことが一番なので。でもお洋服が一番好きかなっ
ていうのはありますね。

担当者:引き止めはやはりありましたか?

Mさん:自分のお客様もいらっしゃいましたし、最初は残れるのであればと言われていました
が年収面も含めて後押ししていただいて退職に至りました。

担当者:転職にあたって「これだけは譲れない!」というものはありましたか?

Mさん:そうですね、やはり年収ベースで上がるっていうことと、でも自分がそこでやりたいかど
うかってところが一番なので、給与はどうでもいいとは言いませんが今回は新規オープンということだったのでそこに加わってやりたいなという気持ちがあったので、そこがやはり一番かなと思います。

担当者:本日は貴重なお時間をありがとうございました!!